JAF GP FUJI SPRINT CUP 2013

nissan_gtr-gt500

11月23日(土)・24日(日)に富士スピードウェイにて、JAF Grand Prix 「FUJI SPRINT CUP 2013」が開催された。今年のFUJI SPRINT CUPは、GT500/GT300クラスともに土曜日に2名のドライバーそれぞれの予選を行い、土曜日に第一レースを日曜日に第二レースを行う変則的なスケジュールとなった。また各22周のレースは通常のローリングスタートではなく、グリッドからそのままスタートするスタンディングスタート方式を採用した。

【第一レース】
GT500の第一レースは、予選9位から好スタートを決めたカルソニックIMPUL GT-Rの松田次生は、オープニングラップを終えて5位でストレートに戻ってきた。その後、安定したペースで周回を重ねていたが、21周目のストレートエンドで23号車のGT-Rと接触。フロントノーズにダメージを受け、8位でレースを終えた。予選6位からスタートしたロニー・クインタレッリのモチュールオーテックGT-Rは、序盤は8位を走行し、終盤に順位を上げたのちに12号車の松田と接触。その後、同車をかわしてGT-R勢最上位の7位でフィニッシュした。D’station ADVAN GT-Rは安田裕信が予選10位からスタートし、10位完走。予選11位のREITO MOLA GT-Rの関口雄飛は12位を走行していたが、12周目にマシントラブルのためにペースダウン。13周目にピットインし、そのままガレージインしレース終了となった。

一方、GT300第一レースでは、ポールポジションを獲得した3号車SロードNDDP GT-Rの佐々木大樹がスタートに失敗。予選3位の35号車NISMO ATHLETE GT-R GT3を駆るアレックス・バンコムがロケットスタートを決めてトップに立ち、そのまま他を引き離していく。富士スピードウェイで初めてレースに出場するバンコムが予選で3位となったことも驚きだが、彼のアグレッシブな走りに日産ファンの視線は釘付けになった。2位との差を広げながら周回し、バンコムはそのまま逃げ切ると思われたが、17周目に左リアタイヤがパンク。そのショックでフェンダーなどにダメージを負い、レース続行を断念した。3位まで順位を回復していた3号車の佐々木は、16周目に11号車メルセデスSLSをパスして2位に上がった直後に首位を立つと、その後タイヤをマネジメントしながらポジションを守る走りに専念。22周目にトップでチェッカーフラッグを受け、自身念願の初優勝を手にした。


JAF GP富士スプリントカップ1日目のハイライト。

【第二レース】
3万9,000名の観客が富士スピードウェイを訪れた24日(日)、SUPER GTレースは快晴のもとで第二レースを行った。GT500は、第一レース同様カルソニックIMPUL GT-Rのジョアオ・パオロ・デ・オリベイラが絶妙なスタートを決めて、予選7位から一気に4台をパスし3位にジャンプアップ。その後、終盤には後続車が追い上げてくるも、オリベイラは一度もポジションを譲ることなく22周目のフィニッシュラインを越え、3位表彰台となった。TEAM IMPULの星野一義監督は、「JPが凄いスタートを見せてくれたのが今日のすべてです。本当に優勝に値するほどの素晴らしいパフォーマンスでしたね。来年はマシンもエンジンも一新され、すべてが新しくなります。来年こそは日産とGT-Rの年にしたいです。皆さん、応援をよろしくお願いします」と語った。

予選4位だったモチュールオーテックGT-Rの柳田真孝は、スタートで2つポジションを落とし、その後徐々に後退。柳田は、「スタートでホイールスピンさせてしまい、後続に抜かれてしまいました。前半はなかなかペースがあがらなかったので、後半に挽回しようと考えていたのですが、後半も状況は変わらず苦しいレースになってしまいました」とコメント。その状況はREITO MOLA GT-Rも同じで、10番グリッドからレースをスタートした本山哲は序盤に8位を走行しながら次第に後退し、17周目にはピットインしてタイヤを交換。15位でレースを終えた。ヨコハマタイヤを装着しているD’station ADVAN GT-Rのミハエル・クルムは、12位からスタートして安定したペースを築き、10位で完走を果たした。

GT300クラスでは、ポールポジションのS Road NDDP GT-Rは星野一樹がスタンディングスタートをフライングし、ドライブスルーペナルティを受ける。最後尾から追い上げることになった星野は、気迫のこもった走りで周回ごとに順位を上げ、7位に入賞。星野の後退で2位となったNISMO ATHLETE GT-R GT3のルーカス・オルドネスは、14周目にリアに異常を感じてピットイン。タイヤを交換してレースに戻り、18位でレースを終えた。


JAF GP富士スプリントカップ2日目のハイライト。

日産系チーム総監督 柿元邦彦
「まず3号車は、昨日は佐々木大樹が初優勝する活躍を見せていたのに、今日は絶好の位置にいながらミスで勝利を逃すという、今シーズンを象徴するような内容でした。クルマは速いのに勝てないのは、しっかり反省する必要がありますね。一方ホイールナットのトラブルによって結果は残りませんでしたが、初出場のオルドネスが見せたパフォーマンスは特筆ものだと思います。タイヤをセーブしながら走るなど冷静さももっており、多くのベテランドライバーにも刺激になったと思います。GT500のミシュラン勢は、昨日のタイヤで良いパフォーマンスが発揮できなかったので、大きなリスクを持って別のタイヤをチョイスしましたが、それがむしろ逆効果だったようです。ブリヂストンユーザーのカルソニックIMPUL GT-Rが良いスタートを決めて3位となってくれたのが唯一の救いでした。ファンの皆様には、辛いシーズンとなってしまい、本当に申し訳ない気持ちです。来年は新しいマシンで戦いますので、引き続き暖かく見守っていただきますようお願いいたします。今年も一年間どうもありがとうございました」

#12ドライバー、ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ
「(同日行われた)スーパーフォーミュラレースで状況がわかっていたので、スタートに全神経を集中しました。だから、GT500レースでは良いスタートを決めて3位まで上がることができました。ひとつもミスはなく、タイヤをコントロールしながらペースを守ることに気を使いました。今年最後のレースで表彰台に乗れたことは良かったと思います」