• Home > SUPER GT > 2014SUPER GT開幕戦岡山はIMPULが3位表彰台
  • Home > WEB MAGAZINE > 2014SUPER GT開幕戦岡山はIMPULが3位表彰台

2014SUPER GT開幕戦岡山はIMPULが3位表彰台

2014supergt_okayama

4月6日、岡山県美作市の岡山国際サーキットで2014SUPER GT開幕戦が開催され、12号車カルソニックIMPUL GT-RがGT500クラス3位で表彰台をGETするも日産勢はレースマネジメントにおいて課題の残る開幕戦となった。

雨が降ったり、急に日が差すなど不安定な天候だった決勝レース。午後2時に81周(300km)の決勝レースのスタートを迎えた。GT500クラスは新車両規則下で行われる最初のレースとなり、日産勢の4台を含み15台全車がブランニューカー。新シーズンの幕開けを見ようと集まった18,000名の観衆が見守る中、各クラスとも混乱なく第1コーナーをクリアするが、オープニングラップのリボルバーコーナーで23号車のMOTUL AUTECH GT-Rが他車と接触。23号車はコース上に止まってしまい、あわやGT300勢の集団と絡む危険があったが、松田は寸前でマシンを回転させてこれを避けた。しかし、これで#23 GT-Rは大きく出遅れることになる。

一方、46号車S Road MOLA GT-Rは、12号車と接触。12号車はランオフエリアに押し出されたが、お互いに大きなダメージなくレースを続行する。このコンタクトを切り抜けた12号車のオリベイラは、一時4位にポジションを落とすが、その後雨が降り出しペースが不安定になった46号車を抜いて3位に順位を戻し、39周目に安田にドライバー交代するまでポジションを維持。コースに戻った安田は、安定的なペースで残り周回を走り、後半追い上げて来たライバル車を抑えて3位でフィニッシュした。

アクシデントからレースに戻った松田次生の23号車は後方からハイペースで先行車を追い続け、34周目には10位にまで挽回。その後、交代したクインタレッリもポジションアップに挑み、45周目には8位となり、63周目にも先行車を捕らえて7位へあげると、そのままポイント圏内でレースを終えた。

雨でペースダウンを余儀なくされた本山哲の46号車は、レインタイヤに交換するためピットインするが、不運なことにその直後から晴天となり、みるみる路面は乾いていく。その結果再びピットインしてスリックタイヤに戻す必要があり、大きくタイムロスを喫した。このため、最後尾の13位でレース中盤を周回。後半を担当した柳田が、ポジションをあげて10位完走を果たした。

予選10位の24号車「D’station ADVAN GT-R」(ミハエル・クルム/佐々木大樹)は、前半を10位で走行しながら、ドライバー交替後のペースが上がらず12位という結果になった。

鈴木豊 NISMO監督
「アクシデントがなければポディウム圏内だったと思うと、今日の結果は残念だし悔しいです。しかし、次戦の富士はテストで良い走りができていますので勝利を目指して走ります」

12号車ドライバー、安田裕信
「前半はJP(オリベイラ)が頑張って走ってくれましたが、僕に代わってから前の2台との差が広がってしまいました。前を走るクルマとは違うタイヤを選びましたが、後半は徐々に離されてしまいました。しかし、開幕戦で3位表彰台に立つことができて、僕たちの強さが証明できる結果になったと思います」

12号車ドライバー、ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ
「シーズン最初のレースとしては、3位というのはいい結果だと思います。天気が変わって難しいレースになりました。雨になってピットに入ることも考えましたが、そのままとどまって正解でした。僕たちのクルマは速いということも分かりました。こんなに寒い日なのにサーキットにかけつけて応援してくれたファンには感謝しています。次の富士もいい結果を残したいですね」