• Home > MOTORSPORTS > カルソニックIMPUL GT-Rがポールトゥウィン:SUPER GT第2戦
  • Home > WEB MAGAZINE > カルソニックIMPUL GT-Rがポールトゥウィン:SUPER GT第2戦

カルソニックIMPUL GT-Rがポールトゥウィン:SUPER GT第2戦

201405gtr_fsw

ゴールデンウィーク後半の5月4日(日)に富士スピードウェイでSUPER GT第2戦富士500kmレースが行われ、ポールポジションから110周の決勝レースをスタートした12号車カルソニックIMPUL GT-R(安田裕信/ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ)が安定した速さを見せて優勝。ポールトゥウィンを果たした。

前日の予選日は、GT500クラスのトップタイムが12号車で、フロントロウには46号車S Road MOLA GT-R(本山哲/柳田真孝)、3位には23号車 MOTUL AUTECH GT-R(松田次生/ロニー・クインタレッリ)が続き、さらに6位に24号車 D’station ADVAN GT-R(ミハエル・クルム/佐々木大樹)が入るなどGT-R勢の速さが光り、決勝のグリッド前方をGT-Rが占めた。

レースがスタートすると、4周目にGT300車両が第一コーナーで激しくクラッシュし、序盤から7周にもわたるセーフティカーランとなった。さらに20周目には、2位を走行していた46号車から出火。ドライバーの本山が第2コーナー脇にマシンを止め、かけつけたオフィシャルによって消火されたが、46号車はこの時点でリタイアとなる。この作業の間再びSCランとなり、レースリーダーのオリベイラ駆るカルソニックGT-Rは広げつつあった2位以降との差をその度に縮められてしまう。しかし、オリベイラは、再スタート後も危なげない走りで首位を守り続け、42周目に安田に交代。その際、タイヤ交換に手間取りタイムロス。安田は4位でレースに戻り、その後再びトップに返り咲く。最後の30周を担当したオリベイラは、一度も後方を脅かされることもなく、最終的には24秒ものリードを築き、トップフィニッシュを果たした。

予選3位となり表彰台以上が期待された23号車は、46号車の離脱で2位にポジションアップ。スタートドライバーのクインタレッリは、ポジションを維持しながら35周目にピットインし、松田にドライバーチェンジした。コースに戻った松田は、一時4位にポジションを落としていたカルソニックGT-Rに代わって日産勢のトップを走る。そのまま、23号車がレースをリードし続けるかに見えたが、69周目の300Rコーナーで突然スローダウンして停止。スロー走行でピットに戻り、ステアリング系統を修理し、松田はそのままレースに復帰する。しかし、タイムロスは大きく、順位は7位にまで後退しまう。その後、ふたたびクインタレッリにドライバー交代し、8位でレースをフィニッシュした。今大会の練習走行から好調に走っていた24号車のGT-Rは、6番グリッドからクルムがスタート。他車に遅れをとることなく最初のスティントを5位で終えると、GT500ルーキーの佐々木は3位に順位をあげて最終ランナーのクルムにステアリングを託す。表彰台の可能性もあった24号車だったが、「まだプッシュできる余裕はあったけど異音がするなど不安要素もあり、無理せずフィニッシュすることを選んだ」とクルムは話すように、終盤はペースをコントロールし、4位でチェッカーフラッグを受けた。

12号車ドライバー、安田裕信
「僕にとっては久しぶりの優勝なので、本当に嬉しいです。最初のJP(オリベイラ)のスティントが完璧だったのに、ピットでロスがあり、また走り出したらタイヤかすを拾ってしまう現象に悩みました。さらに、GT300車両とのコンタクトもあったりして……。それでも最後のスティントでまたJPが危なげない走りだったので、勝てると思いました」

12号車ドライバー、ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ
「ストレスフルなレースでしたね。序盤からリードを広げる作戦だったので、SCでその度にアドバンテージが消されてしまいましたから。また、タイヤのピックアップにも苦しんだりしましたが、最後はリードが築けたので良かったですね。チャンピオンシップをリードしているので、この先が楽しみです」

柿元邦彦日産系チーム総監督
「今回は12号車が優勝できてホッとしました。とは言え、23号車、46号車にトラブルがあったので、フラストレーションもたまりましたね。しかし、GT-Rの速さが本物だということは証明できました。特に12号車は24秒ものマージンを築いてゴールできましたし、24号車は着実に速くなっていると印象づけました。これからにも大いに期待していただけると思います」