• Home > NEWS > R35GT-R NISMO発表!ニュルタイムは驚きの7分8秒!!

R35GT-R NISMO発表!ニュルタイムは驚きの7分8秒!!

gtr-nismo3003

日産自動車は11月19日、「R35GT-R NISMO」を2014年2月末より全国一斉発売すると発表した。「R35GT-R NISMO」は、NISMOのレーシングテクノロジーをフィードバックしたNISMOシリーズのフラッグシップとなるモデルとなり、同車はドイツ・ニュルブルクリンク北コースにおいて7分8秒679という量産車最速のラップタイムを記録した。以下はタイムアタックの映像。

R35GT-R NISMO ニュルブルクリンク タイムアタックストーリー

この記録を打ち立てたレーシングドライバーのミハエル・クルムは、「GT-R NISMOでのタイムアタックは素晴らしい経験となり、とても楽しかったです。私はこのクルマから大きな自信を得ただけでなく、それ自体が楽しいクルマでした。GT-R NISMOは、運転がとても楽しいクルマであると同時に、本当にとても速いクルマです。」と語りました。

■「NISSAN GT-R NISMO」概要

1. メカニズム
「NISSAN GT-R NISMO」はレーシングテクノロジーのDNAを凝縮し、パワー、スピード、ハンドリング、すべての性能を新たな領域で達成するため、モータースポーツ活動から学んだ数多くの技術を採用。ウイリアムズとの共同開発によってニュルブルクリンク北コースのラップタイムは量産車最速の記録をマークした。

エンジン
NISMO専用チューニングの3.8リッターV6 VR38DETTエンジンを搭載。様々な変更を加えたことで最高出力600PS(441kw)、最大トルク652Nm(66.5 kgf・m)を発生。NISSAN GT-R NISMO GT3にも使われている高効率大容量の専用タービンを搭載し、気筒毎に最適な点火時期をコントロールする制御の採用に加え、最適な燃料噴射量をコントロールするインジェクター駆動回路を採用。NISMOエンブレム付きの専用エンジンカバーを標準装備。タービンを大型化したことによってピークパワーを重視したセッティングとなっているがドッカンタイプではなく、フィーリングはR34GT-RのN1に近い印象。また、インジェクターに変更はないものの、燃圧を上げるため燃料ポンプを変更している。

シャシー
「NISSAN GT-R NISMO」のフロントおよびリヤサスペンションのスプリングと特注のビルシュタインダンプトロニックダンパーは、極限状態でも路面に吸い付くようなグリップや正確なステアリング応答性を実現するために専用チューニング。スプリングレートは従来よりも低く設定した。走行中に3パターンのサスペンションモードが選択可能。レースから着想を得たサスペンション設定を補完するため、ワイドリムフロントホイール(20×10.0J)とサイズアップした専用の高剛性ハブボルト、専用タイヤ(前輪:255/40 ZRF20、後輪:285/35 ZRF20)を採用。ハイスピードでのコーナリング時のホイール位置を最適化し、操縦安定性を向上させるため、フロントダブルウィッシュボーン式サスペンションに専用アッパーリンクを採用し、キャスタートレールを拡大。コーナリングやレーンチェンジの際の車体の横揺れを最小化するため、「NISSAN GT-R NISMO」は、重量を低減しながらロール剛性を高めるφ17.3mm中空スタビライザーをリヤサスペンションに採用。その他、E-TSなど電子デバイスのチューニングによってより速く、セーフティな走りを可能にしている。

ボディ
高負荷時でもサスペンションの精度の高い動作を確保するため、ボディ結合部には通常のスポット溶接に加え、構造用接着剤による補強も追加し、ボディ剛性を高めている。これはアフターマーケットでは実現できない、NISMOによる「ファクトリーチューン」。

2. エクステリアデザイン
NISMOのすべてのデザインは機能をともなっているというレーシング哲学に則った空力性能の向上による特別なスタイリング

「NISSAN GT-R」の力強いプレゼンスは、「NISSAN GT-R NISMO」に強大なダウンフォースを発生させるボディパーツが加わることでかつてないほどに向上。NISMOは、空気の流れを分析する最新のシミュレーション技術を用い、空気抵抗への影響を最小化しながら、路面追従性を向上させるエアロパッケージを開発。「NISSAN GT-R NISMO」の空力性能を高める専用装備として、フロントにカーボン製バンパーとアンダーカバーのエアストレーキを、リヤにはニュルブルクリンクレースで使われたカーボン製のリヤスポイラーを採用。トランクはリアスポイラーの2本足形状の合わせ、専用のフレーム設計となっている。NISMOのモータースポーツ活動での経験を生かし、カーボンファイバー素材をバンパー、リヤスポイラー、サイドシルカバー、アンダーカバーなどに幅広く採用し、軽量化、低重心化を実現。

空力性能は、風洞での徹底的な実験や最新のシミュレーション技術を駆使して開発されました。ダウンフォースは300km/hでプラス100kg*2、最適化された前後の空力特性は、4輪の接地荷重変動を最小化し、車両の優れたバランスを確保。左右に張り出したフロントバンパーと、後方に延長し絞り込まれた形状のリヤバンパーにより、Cd値は「NISSAN GT-R」14年モデルと同じ0.26を達成。SUPER GT GT500クラスに参戦するGT-Rレースカーに着想を得た6本スポークのレイズ製アルミ鍛造ホイール。ブリリアントホワイトパール、メテオフレークブラックパール、アルティメイトメタルシルバー、バイブラントレッドに、「NISSAN GT-R NISMO」専用色として、その堂々としたエクステリアの力強さを最大限に表すダークマットグレー*4を加えた全5色の魅力的なボディーカラーを設定。「GT-R NISMO」に装着されるパーツは後に単品で販売することを検討している。

3.インテリア
「NISSAN GT-R NISMO」のコックピットは、NISMOのアイデンティティーであるレッドをあしらったデザイン。見る、触る、走るのあらゆる瞬間で感じる高質感

人間工学的に基づいて造形されたRECARO製NISMO専用カーボンバックバケットシート(欧州および日本仕様)が乗員を快適にしっかりと支え、ドライビングをサポート。NISMOレーシングドライバーたちからアドバイスを受けたステアリングホイールは、レッドセンターマークとレッドステッチ付きのアルカンターラ巻3本スポークを採用。グリップ、フィードバック、快適性を最高のバランスで実現。NISMO専用カーボン調コンビメーターを装備。タコメーターはレッドリング付き。メーターリッドにもアルカンターラを採用。シート、センターコンソール、ドアトリム、ステアリングホイールにレッドステッチがあしらわれ、クルマの全体的な雰囲気にスパイスと感性を追加。

全国希望小売価格:15,015,000円(税込)
*1: GT-R NISMOは、持込み登録で(株)オーテックジャパン扱いとなります。
*2: 「NISSAN GT-R」2014年モデル比。
*3: 2014年夏頃にNISMO大森ファクトリー取扱いにて発売予定。
*4: ダークマットグレーは、2014年夏に日本を皮切りに発売予定。

gtr-nismo_body-color