• Home > PHOTO/TV > 日産のニュルブルクリンク・マイスター加藤博義

日産のニュルブルクリンク・マイスター加藤博義

独ニュルブルクリンクで量販車世界最速の7:08.679というタイムを記録し、今年­2月より発売のNISSAN GT-R NISMO。開発チームにはレーシングドライバーたちと並んで日産で唯一「テクニカル­・マイスター」という職位を持つテストドライバー加藤博義がいました。黄綬褒章や厚労­省「現代の名工」に表彰された彼は、ニュルでの長年の経験を生かし、プロジェクトやコ­ースの安全管理やレーシングドライバーとエンジニアを繋ぐ橋渡しなど活躍しました。
限界走行時でもコースサイドの撮影班にクラクションを鳴らすなど、人懐こい性格と仕事­に対する厳しい姿勢が伺えるインタビュー。ニュルでのGT-R NISMO開発時の未公開映像とともにお楽しみください!